NMRパイプテクター®-NMRPT-がネット記事「論座」に掲載されました

1・誤った内容を掲載されたNMRパイプテクター®-NMRPT-

朝日新聞社の長野記者により、2019年9月、ネット配信記事「論座」にて、配管内防錆装置NMRパイプテクター®についての記事が掲載されましたが、その記事の内容は事実とは異なった情報をもとに書き上げられており、NMRパイプテクター®を事実無根に誹謗中傷するものです。

記事の中で府中日鋼団地にNMRパイプテクター®が設置されている事について、同団地の配管更新を主張する「日鋼団地を守る会」のメンバーと思われる人物のインタビュー記事があり、NMRパイプテクター®の防錆効果に対し、事実無根の誹謗中傷をしていますが、事実は下記の通りです。

2・実際の府中日鋼団地でのNMRパイプテクター®-NMRPT-の導入内容

全32棟の大型団地である府中日鋼団地では、平成16年5月に1台の配管内防錆装置「NMRパイプテクター®」を設置しましたが、府中日鋼団地での設置条件では防錆効果の範囲は全32棟中の1棟しか含まれません。

残りの31棟は、NMRパイプテクター®の防錆効果範囲外の為に、追加の設置が必要でした。しかし、その後、管理組合は全32棟の建替えを決めた為に、残りの31棟向けのNMRパイプテクター®の設置は必要なくなりました。

その後、「日鋼団地を守る会」が給水管の配管更新を主張し、建替えに反対した為、17年間建替えが実施されず、その間、築52年を過ぎたNMRパイプテクター®の防錆効果の及ばない、31棟内の給水管の赤錆劣化は放置されつづけてきました。

これを利用し、長野記者の取材を受けた人物は朝日新聞のネット記事「論座」に、そもそも防錆効果の及ばない棟の給水管である事を伏せて、NMRパイプテクター®に防錆効果は無いと長野剛記者にNMRパイプテクター®について、事実無根の誹謗中傷記事を書かせました。

3・複数の人物がNMRパイプテクター®-NMRPT-を誹謗

また、日本技術士会千葉県支部の見解についても「論座」では触れていますが、この見解は同会千葉県支部所属の小波盛佳氏が、兄弟であり以前より配管工事会社をスポンサーとしてNMRパイプテクター®を誹謗している、小波秀雄氏の意見を参考に個人が主導して発表しました。当初からNMRパイプテクター®を誹謗する目的の見解です。

この見解については、日本技術士会としての公式見解ではない事から本部命令で削除されています。

「論座」の記事内では他にも、配管工事会社をスポンサーとして、主にTwitterを中心にNMRパイプテクター®への誹謗を繰り返している、アカウント名「謎水」についても取り上げており、この内容についても事実無根にNMRパイプテクター®を誹謗中傷し、配管更新へ誘導するものですのでご注意下さい。

このように、長野記者が「論座」にてNMRパイプテクター®を取上げた記事は、報道機関として公正中立であるべき姿勢にそぐわない為、長野剛記者は記者の資格を2020年4月より失いました。

関連情報