NMRパイプテクターが「アペルザ」2020人気カタログランキングTOP15にランクインしました!

「アペルザカタログ(Aperza Catalog)」は製造業向けカタログポータルサイトです。
登録されているカタログは4万点以上という大規模なサイトです。

2021年1月5日に特集掲載された、「2020人気カタログランキングTOP」にて当社製品の「NMRパイプテクター」のカタログがTOP15にランクインしました! 本ランキングでは2020年に最も閲覧されたカタログTOP100をランキングしたもので、集計期間は2020年1月1日〜12月31日のものです。

多くのお客様に「NMRパイプテクター」のカタログをご閲覧・ダウンロード頂き誠にありがとうございます。
さらに詳しい資料のご請求は当サイトからでも無料で承ります。

製品に対するご質問など、まずはお気軽にお問合せください。

関連リンク

アペルザ

NMRパイプテクターが「イプロス」製品総合ランキング1位になりました!

「イプロスものづくり」は閲覧会員数が120万人、出展企業数が4万社以上の日本最大級のBtoBデータベースサイトです。

2020年11月30日現在、イプロスにて当社製品「NMRパイプテクター」が製品総合ランキング第1位にランクインしています!

多くのお客様に関心をいただき誠にありがとうございます。

イプロスで会員登録をされたお客様は、イプロスのサイトからNMRパイプテクターについての簡易資料のダウンロードが可能です。

さらに詳しい資料のご請求は特設サイトやもちろん当サイトからでも無料で承ります。

製品に対するご質問など、まずはお気軽にお問合せください。

関連リンク

イプロス

NMRパイプテクターが「建材トレンド」人気建材ランキング1位になりました!

NMRパイプテクターが外部サイト「建材トレンド」にて紹介されています。
2020年7月1日時点で、NMRパイプテクターが「建材トレンド」にて人気建材ランキング1位になりました!
たくさんのお客様にご好評を頂きありがとうございます。
当サイト「建材トレンド」は住宅リフォーム業界唯一の専門誌「リフォーム産業新聞」を発行する、リフォーム産業新聞社が運営しています。
注目の建材10,165商品とメーカー960社を網羅し、ご紹介している大規模なサイトです。

関連リンク

「マンション管理新聞」2020年6月25日 第1141号に掲載されました!

「マンション管理新聞」2020年6月25日 第1141号にて、NMRパイプテクター®の導入先マンション「パレス鶴見」について掲載されました。
神奈川県横浜市にあるマンション「パレス鶴見」は1972年1月竣工で5階建て32戸のマンションです。
築39年目に初めての配管の劣化対策として、当社のNMRパイプテクター®を設置しました。

当初、管理組合として公的金融機関から借り入れをして、建物の修繕費用を工面しており、配管更新を行う事は体力的に難しい状況でした。
そんな中、当社のNMRパイプテクター®をご検討いただき、お金のない中で試してみる後押しとなったのが「効果がなければ返金」という効果保証の存在でした。

設置7年半経過した時点での内視鏡調査では、1箇所では設置前と比べて35.3%改善、もう一箇所は17.4%の改善を示していました。
当マンションの理事長である金谷さんは「現在、築48年経過でさび問題なく、効果があると実感している。今は建物寿命が延びているかもしれないが、わたしは60年と見ている。築60年まで残り12年だが、それまではパイプテクターでの延命を期待している」とお話されました。

NMRパイプテクターが「ProductNavi」2020年4月号 に掲載されました

月刊製品情報誌「ProductNavi」2020年4月号にて、当社の代表製品、配管内の赤錆防止装置NMRパイプテクターが掲載されました。 本誌は毎号数百点の製品を紹介したBtoB製品情報誌です。下記URLより、デジタル版でも閲覧いただくことが可能です。

関連リンク

NMRパイプテクターが2020年の防錆技術世界トップ10に選ばれました!

当社の製品「NMRパイプテクター®」が2020年の防錆技術世界トップ10に選ばれ、米国製造技術誌「MANUFACTURING TECHNOLOGY INSIGHTS」にて掲載されました。

~和訳~

日本システム企画株式会社~腐食劣化のない配管を実現~

「NMRパイプテクターは外部電源や防錆剤を使わず、配管内の赤錆劣化、さらにはバクテリア問題も解決します。環境に優しい製品なんです」

観光客で賑わいを見せるロンドンから、耳よりな知らせが届いた。 歴史的な博物館や壮麗な宮殿から、かの著名なロンドン・アイに至るまで、この街には観光スポットが目白押しだ。 観光客だけではない。見事な博物館や宮殿の数々は、地元の人たちにも長年愛されてきた。そのかたわら、そのような大きな建物を維持するには、水面下で多大な労力を要する。ロンドンの博物館を象徴する大英博物館もその一つだ。 ロンドンにある博物館といえば誰もが思い浮かべるだろう大英博物館は、260年の古い歴史をもつ。しかし、この博物館は年々、空調温水配管のなかに赤錆ヘドロが溜まるようになった。配管内の腐食した部分に穴が開き、そこから漏れる赤く濁った水で美術品が汚れる恐れがあったのだ。 博物館の運営陣は、配管を守り、確実に問題を解決する手を急ぎ打つ必要があった。

 そこで注目されたのが、日本システム企画社の開発する製品。1988年に防錆装置のメーカーとして設立して以来、日本システム企画は世界で類を見ない独自の技術「NMRパイプテクター®」を製造販売してきた。製品寿命を通じてランニングコストがゼロで、赤錆の生じた配管からの漏水などの問題を解決し、配管の保護延命を達成するというものだ。 大英博物館にも、赤錆腐食からの保護延命を目的とし、空調温水配管に「NMRパイプテクター®」PT-250DSが設置された。設置前は20 ㎎/ℓだった水中の鉄分値が、設置後1週間で12.2 ㎎/ℓに下がり、5週間後にはちょうど測定限界値の 0.2 ㎎/ℓまで減少するに至った。 日本システム企画は設立以来多くの成功事例を収めており、今後も水配管内の赤錆による腐食問題を、革新的といえる自社の防錆装置で解決していく。 現在、「NMRパイプテクター®」の輝かしい設置実績は全世界で4,100件を超えた。大英博物館をはじめ、ロンドンの由緒正しい有名な建物もその一部だ。 同社を成功に導いているのは、すべての業務の舵を取る代表取締役 社長の熊野 活行氏。

熊野社長は、革命的な技術である「NMRパイプテクター®」の発明者として、配管業界がこれまでに配管、特に空調冷温水配管内の赤錆腐食に由来する問題に対処しようと試みたやり方とは、まったく異なる方法を提案した。 赤錆問題の解決策である「NMRパイプテクター®」は、配管内にすでに生じた赤錆(水酸化鉄)を黒錆(マグネタイト)に変え、水配管の寿命を少なくとも40年は延命する。 「NMRパイプテクターは外部電源や防錆剤を使わず、配管内の赤錆劣化、さらにはバクテリア問題も解決します。環境に優しい製品なんです」と語るのは、日本システム企画イギリス支店の専務取締役であるピーター・ゴスリング氏。 製品の特徴はそれだけではない。配管内の異種金属接続部に電位差腐食が生じるのを防ぎ、40年という耐用年数のあいだ、ランニングコストは一切かからない。 今後、日本システム企画はアメリカやヨーロッパ諸国の公共施設、メンテナンス市場への参入を目指す。 質の高い技術を社会に提供し、地球規模で環境の改善に努める日本システム企画に、世界が注目する。

関連リンク

ビジネスマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」にて掲載されました

中小企業と国内外の企業をつなぐビジネスマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」にて掲載されました。

中小企業と国内外の企業をつなぐビジネスマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」は経済産業省所管の独立行政法人 中小企業基盤整備機構が運営しています。

国内中小企業19,000社、大手パートナー企業540社、海外企業7,500社がJ-GoodTechメンバーに登録しています。

世界中の企業が登録しているので最良のビジネスパートナーを発見できます。

関連リンク

「第12回川崎国際環境技術展」に出展しました

2019年11月13日(水)~14日(木)の2日間にわたり、開催された「第12回川崎国際環境技術展」へ出展いたしました。
本展示会へは初めての出展でしたが、多くの方々に当社ブースまでご来場いただきました。誠にありがとうございました。

会場「カルッツかわさき」建物外観

本展示会は神奈川県川崎市にある「カルッツかわさき」(川崎市スポーツ・文化総合センター)の1階の大体育室を会場として開催されました。
JR川崎駅からはバスを利用して会場へ向かうこともできますが、徒歩でご来場される方のために会場スタッフの方が道中の案内をされていました。

本展示会には数多くの大手企業から中小企業までが出展されており、会期中は多くの人で賑わっていました。 会場内には小ステージが設営され、セミナーが行われていました。また各企業のブース内でも環境に関わる様々な展示内容がみられました。

会場内の様子
当社ブース展示内容

今回、当社は代表製品NMRパイプテクターが海洋プラスチック汚染問題を解決すると提案させていただきました。 発展途上国の都市部の給水配管へNMRパイプテクターを導入することで、水道水を飲めるようになり、ペットボトル依存を改善していくことができます。

また、当社ブース内へはNMRパイプテクター®を導入されたお客様や、導入をご検討中のお客様も数多くご来場いただきました。 当社の会場スタッフにより、NMRパイプテクターの導入実績や製品メカニズム、具体的な導入に関するご相談などの案内をさせていただきました。 また、ブース内では実際にNMRパイプテクター®が配管に設置された状態をイメージできるように模型が大きく展示されました。

NMRパイプテクターの設置イメージ模型
たくさんの方にご来場いただきました!

本展示会では小中学生のお子様から、企業や団体の方、個人の方と様々な方々にご来場いただくことができました。 また、国際連合工業開発機関(UNIDO)主催の在日本大使館向けの視察ツアーが実施され、当社ブースへもご訪問いただきました。 海外でも導入実績の多いNMRパイプテクター®に対して、国内外問わずたくさんの方に興味を持っていただける機会となりました。

イベント概要

展示会名第12回川崎国際環境技術展
12th Kawasaki International Eco-Tech Fair
~技術が変われば、未来が変わる~
開催日2019年11月13日(水)~14日(木)
会場カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)1階大体育室:川崎区富士見1-1-4
入場料無料
入場者数約16,900名
主催<川崎国際環境技術展実行委員会>
実行委員長/川崎市長
副実行委員長/川崎商工会議所会頭
<委員会メンバー>
川崎市 経済産業省 (国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構 (独)日本貿易振興機構 (国研)産業技術総合研究所 (独)国際協力機構 (独)中小企業基盤整備機構 (独)環境再生保全機構 慶應義塾大学 明治大学 専修大学 国際連合工業開発機関 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所 NPO法人産業・環境創造リエゾンセンター (一財)日本環境衛生センター 川崎市地球温暖化防止活動推進センター 川崎商工会議所 川崎市工業団体連合会 川崎工業振興倶楽部 (公財)川崎市産業振興財団
公式サイトURLhttps://www.kawasaki-eco-tech.jp/