横浜市水道局におけるNMRパイプテクター試験結果

横浜市

各試験でのNMRパイプテクターの効果を検証

横浜市水道局では次の3つの試験が実施されました。

試験1.NMRパイプテクターにより鶴見公舎における給水管赤錆防止と殺菌用塩素濃度低下防止を検証

鶴見公舎は築後20年が経過していて給水管内の赤錆により夜間滞留水である朝一番の採水中の鉄分値は0.27mg/lと高く、残留塩素濃度は原水が0.75mg/lのところ0.11mg/lまで低下していました。

NMRパイプテクターを設置して6週間後には、その鉄分値は0.12mg/lにまで減少し、残留塩素濃度は原水が0.63mg/lのところ夜間滞留水でも0.42mg/lにまで上昇しました。

これによりNMRパイプテクターの赤錆防止効果と赤錆により低下していた残留塩素濃度が上昇したことが立証されました。

試験2.NMRパイプテクターにより水道本管を使用した赤錆による殺菌用塩素濃度低下防止を検証

配管内の赤錆のために基準点より50メートル下流部および125メートル下流部では残留塩素がそれぞれ基準点に比べて24.7%と45.3%減少していました。

NMRパイプテクター設置1ヶ月後からの1ヶ月間の残留塩素濃度平均では、その減少率は50メートル下流部および125メートル下流部それぞれで4%の減少、13.6%の減少と、その減少率は大幅に改善しました。

本結果は2013年、日本水道協会技術研修会で行政論文として横浜市水道局から発表されました。

試験3.NMRパイプテクターの効果を出す最低水量より水の使用量が少ない(住戸数が少ない)地区での配管内防錆効果がないことを確認

NMRパイプテクターが水の使用量が少ない地区の配管において防錆効果を発揮するかどうかに関する試験が、港南中央地区と寺町二丁目地区で実施されました。

港南中央では50Aの配管で最低使用水量4.4トン/日に対し、その水を使用する住戸数はたった3戸で合計使用水量は1トン/日(1戸あたりの平均使用水量は350L/日)と非常に少なく防錆効果は発揮されませんでした。

寺前二丁目地区では分岐した配管径が各50Aに対してそれぞれ水を使用する住戸数は6戸と8戸で、6戸は約2トン/日の水の使用量で防錆効果が発揮できず、8戸のほうは全体の水の使用量が3トン弱/日で、やはり水の使用量が不足するため明確な防錆効果を示せませんでした。

横浜市水道局ではこれ以上NMRパイプテクターの防錆効果を試験するのに適した場所がないため試験を終了しました。

NMRパイプテクター®-NMRPT-、給水配管の修繕費『大幅なコストダウンに成功』

物件画像

2009年に「NMRパイプテクター®-NMRPT-」を設置いただいた長崎市若葉町のマンションの理事長に、マンション修繕費を大幅に削減した給水管更生方法について取材いたしました。

マンション維持に関する悩み

マンションの維持といっても様々な問題があります。その中でも配管の劣化は特筆される悩みです。配管寿命は一般的に20年から25年といわれ、何か対策が必要なことは分かっていました。

NMRパイプテクターの導入のきっかけ

「時々、赤水が出る」との声から給水管の対応が急務だと考えました。給水管更生方法について情報収集を行っていたところ、理事会のある役員から「NMRパイプテクター」で防錆できるという話がありました。「NMRパイプテクター」は全国各地で導入実績があり、また導入先も英国バッキンガム宮殿や、官公庁関係や大きな病院からホテルまで、信頼が高い建物に導入していることを知ったのがきっかけです。

NMRパイプテクター導入の決め手は?

一番の決め手は導入費用の経済的負担が少ないということ。また断水不要で短時間で設置工事が済んでしまうため住民に負担がなく迷惑が掛かりませんでした。装置と水が直接接触せず衛生的で安心できました。

私たちが検討していた、長期修繕計画の給水管取り換え工事代は約1600万円(約45万円/戸)負担と高額でした。しかし、「NMRパイプテクター」導入であれば、たった5分の1の費用(約10万円/戸)以下で済んでしまいます。メンテナンスのランニングコストがかからないことも驚きでした。

設置後の防錆効果の確認について

実は導入前、最初に驚いたことがあります。それは、設置前の給水配管内視鏡調査で赤錆閉塞率が思った以上に大きかったことです。築19年でこんなにも赤錆の進行があるとは思ってもいませんでした。設置後の検証結果に更に驚かされました。錆の進行が止まっているどころか、赤錆の閉塞が縮小改善していたのです。調査結果を見ると効果が実感できます。

「NMRパイプテクター」導入によりマンションの給水配管を建物寿命まで延命させ、修繕費の削減の他、水質の改善も実現できます。国内外問わず多くの実績がその効果を証明していると思います。


関連リンク

NMRパイプテクター®-NMRPT-でコープ野村南石切 建物寿命まで配管延命へ

建物寿命と実際の限界までの誤差

マンションの建物寿命は現在100年以上とも言われています。

しかし実際はその前に建替えや取り壊しになる場合が殆どです。その理由として、定期的に必要な建物のメンテナンス不足による深刻な劣化進行が原因であったり、大規模修繕に必要な費用の捻出の問題、その他に、古い建物の場合、そもそも大規模修繕を行う事が困難な建物構造である事もあります。

配管設備の寿命が25年程といわれている中で、配管更新工事を行わずに築年数39年目を迎え、今後も配管更新せずに建物寿命まで給水配管の維持をする事を決定したマンションがあります。今回はその宮城県仙台市にあるマンション、コープ野村南石切の理事である古田武さんに取材を行いました。

日々進行する給水配管内の赤錆劣化

前述の通り、建物は適切なメンテナンスが行われなければ建物寿命まで実際に使用できる可能性はほぼありません。また給水配管に関しては、配管の継手内部で赤錆が発生し、経年と共に劣化が進行する為、赤錆による漏水や配管内閉塞が起こる場合があります。

当時、築23年を経過していたコープ野村南石切に関しても、定期的に実施していた排水管洗浄で多量の赤錆が排出されていた為に、給水配管の状態が劣化している事を実感していた古田さんは、今後の修繕費等が増える事を考え、少しでも早い対策が必要と認識していました。

配管更新工事をせずに延命可能な『NMRパイプテクター®』

配管内赤錆劣化の対策を調べていたところ、古田さんは『NMRパイプテクター®』の存在を知りました。『NMRパイプテクター®』はその防錆効果によって、赤錆の発生を防ぎ、すでにある赤錆に対しても還元作用によって体積が10分の1の黒錆に変化させる事で、配管内の赤錆閉塞を改善し給水管の延命をする事が出来るというもの。

また『NMRパイプテクター®』の導入費用は配管更新工事に比べ5分の1程で抑えられる事から、コープ野村南石切の問題解決に適していると考えました。また、『NMRパイプテクター®』は設置より40年以上は赤錆防止効果が持続する設計の為、配管更新工事をせずに建物を維持する事が可能となります。

赤錆の減少と黒錆化を確認

古田さんは『NMRパイプテクター®』の導入に向け、事前の給水配管内の内視鏡調査を行いました。結果はやはり、配管内の赤錆劣化が進んでいる為、このままだと4~5年以内に配管更新工事が必要との診断でした。そして築24年目に『NMRパイプテクター®』の設置を行い、その後、古田さんがその効果を実感する出来事がありました。

『NMRパイプテクター®』を設置する以前は、毎年、排水管洗浄を1回行っていたのですが、ヘドロ等の堆積物だけでなく多量の赤錆が出ていたものが、設置後は排水管洗浄時の赤錆の排出が極端に減り、ウサギのふんの様な小さな凝縮された黒錆が出てきたというのです。これは『NMRパイプテクター®』によって赤錆が防止がされた事と、赤錆の黒錆化がされている事の証明でした。現在では、その後の経過が良好な為に排水管洗浄の回数も30%減らすことが出来たと言います。

実際に給水配管の延命を可能にした『NMRパイプテクター®』

そして『NMRパイプテクター®』を設置し15年を迎えた年に給水管と排水管を抜管して配管劣化進行調査を行いました。抜管した配管内部では赤錆閉塞はほとんどなく、赤錆は黒錆化されていることが改めて確認されました。

古田武さんへの取材時には築39年目を迎えていたコープ野村南石切でしたが、『NMRパイプテクター®』での配管延命に成功したことから、今後も配管更新工事の予定はないと話します。これは4年前に専門化に依頼し、まとめた向こう30年間の修繕計画である事からも、その内容に説得力がある計画と分かります。 

『NMRパイプテクター®』により長期の建物管理に対する不安を解決

技術の進歩があっても、現在給水配管の更生方法の選択肢はあまり多くありません。さらにそれは、配管更新までの時期を先延ばしにするだけであり、配管の延命効果が配管更新工事を不要とするまでのものではないのが現状です。

『NMRパイプテクター®』を導入する事のメリットは、更新工事に比べ低コストですむ事、設置工事が短時間で済み断水が必要ない事等ありますが、給水配管の寿命を建物寿命まで延命する事は、建物管理を行う上での配管更新工事という大規模修繕に対する不安をなくし、安心して生活を送る事であるといえるのではないでしょうか。

2017年3月25日発行「マンション管理新聞」にて掲載

関連リンク